神社の定義(神社・寺院・路傍の切り分け)



神社の定義について
①鳥居が設置されているかどうか。
 神仏は無関係とし、不動尊・第六天・辯財天など鳥居が設置されている箇所は神社とするが、御堂・石祠・像のみの場合は神社としない。また、お墓にある鳥居は神社としない。現在鳥居はないが、設置されていた形跡がある場合は神社とする。寺院内にある場合も神社とする。
②公開されているかどうか?

 屋敷神など公開されている箇所は神社とし、個人宅など非公開の屋敷神は神社としない。但し、限定公開されている場合や、旧社格があったり歴史的に神社と認識できる場合は非公開であっても神社とする。マンション敷地内や駐車場などの屋敷神も神社とする。いずれも鳥居がない場合は神社としない。

③教派神道や新興宗教など
旧社格があったり歴史的に由緒ある場合は神社とし、異様な雰囲気の怪しい施設は境内を自由に散策、参拝が可能な箇所は神社とし、一神会のように神社を模してはいるが、信者以外は監視下に置かれ自由に散策、参拝できない施設は神社としない。

<神社・寺院・路傍の切り分け>
①神社境内にある石造物は御堂なども含め神社一覧に掲載する。
②寺院境内にある石造物は、神社も含め寺院一覧に掲載する。
③屋敷神は、路傍一覧に掲載する。
④一の鳥居から神社境内までの参道にあり、神社に関連する石造物は神社一覧に掲載し、神社に関連しない石造物は路傍一覧に掲載する。
⑤石柱門から寺院境内までの参道にあり、寺院に関連する石造物は寺院一覧に掲載し、寺院に関連しない石造物は路傍一覧に掲載する。